Vertical Menu

TNM分類

肺がんの疑いがある場合は病院に行き早期に検査をすることが大切です。
がんの早期発見で十分に治る可能性もあります。
またがんの進行状況によっても治療方法なども変わっていくので、検査をして肺がんと診断された場合はがんの進行度合いを決めていきます。

肺がんの進行度度合いの評価方法はTNM分類を使用していきます。
TNM分類とはがんの大きさと浸潤のことを「T因子」と言い、リンパへの転移を「N因子」、遠隔転移を「M因子」と表記してこの3つの因子を評価して進行度度合いを決定していく方法です。

それぞれの方法について

肺がんの治療方法は外科療法、放射線療法、薬物療法の3つがありますが、外科療法の目的は肺に発生したがんを全て取り除くことです。

外科療法は他の治療方法と比較しても治療効果は高いです。
ですが切除しなければいけない範囲が大きい手術の場合は、手術後に息切れなどの症状が起こることもあります。
そうなると手術をして余計状態が悪化する可能性もあります。
そのようなことが想定される場合は外科療法以外の治療方法を考えていきます。

放射線治療はX線を使用することによってがん細胞を傷つける治療方法です。
X線は非常に高エネルギーで、基本的には体の外から照射していきます。
放射線治療と薬物治療を並行して行うこともあります。
場合によっては「予防全脳射」と言って、転移を未然に防ぐために脳に放射線を照射しておくこともあります。
この放射線治療は脳だけではなく骨への転移にも効果的な治療方法です。

薬物療法はがんの状況が進んでいて、広い範囲にがん細胞が転移している場合に行う抗がん剤治療です。
肺がんの種類によっても治療方法は異なり、非小細胞肺がんの場合は外科療法、放射線治療、薬物療法の3つを行うこともあります。
比較的症状が軽度な場合は薬物療法だけを行います。

種類

早期発見と早期治療で治すことも可能な「肺がん」ですが、肺がんと一言で言っても様々な種類があります。

手術などを行い採取したがんの細胞や組織を調べると、その肺がんの種類によっても細胞や組織の形には違いがあります。
この種類に分類することができることを組織型と言います。

肺がんの組織型は大きく分類して2つに分けることができます。
「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」の2つです。それからまた細かく分類して、非小細胞肺がんは腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんの3つに分けることができます。
小細胞肺がんは小細胞がんの1つに分けることができます。

女性が肺がんになった場合に多いのが、非小細胞肺がんの腺がんです。症状があまりないのでいつの間にか進行しているということもあります。
主に肺の奥あたりに発生します。

肺がんは普段たばこを吸っている人がなりやすいです。そういった喫煙者がなりやすい肺がんの組織型は扁平上皮がんです。
主に肺の入り口付近で発生します。

進行状況が速い肺がんの組織型は大細胞がんです。増殖が速いので、注意が必要です。
腺がんと同じく主に肺の奥の方で発生します。

小細胞がんは扁平上皮がんと同じく、患者の多くは喫煙者で転移しやすいのが特徴です。
肺の入り口近くで発生することが多いです。

この中で特に発症する頻度が多いのが腺がんです。腺がんは主に肺がんの6割を占めるほどの多さです。
腺がんの次に扁平上皮がんになります。他の大細胞がん、小細胞がんなどは発症の頻度は低いです。

カレンダー

2014年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031